有限会社ニットウ NITTO - 紙器製造・加工・梱包

Factory

包丁一本 さらしに巻いて…と歌にもありますが、モノ創りと料理は似ています。どんな名人でも素材に恵まれないと良い料理はできません。そして、その素材を活かすのも殺すのも、創り手の腕次第です。

Manufacturing is same as cooking. Even a great cook cannot make delicious dishes with mean ingredients. On the other hand, it’s up to skill of cook whether make or break nice ingredients.

Selection of Good Material素材の吟味

例えば使用する接着剤について、上海工場では膠を自社工場内で製造、日本では季節に合わせて接着剤をブレンド、品質のためには妥協をしません。紙においても、お客様の期待されるモノを作るため、世界中の材料からベストなものを選択し、御提案させていただいております。

Pursuit of good material is inevitable for high quality. For example, we make glue based on an original recipe in our own factory in China and blend glues suitable for every season in Japan. Also, we propose good options from papers in the World to produce what a client really demands.

Proper Processing Methods適切な加工方法

長年に渡り積み重ねてきた成功、失敗から得た技術的ノウハウ、それぞれの分野でプロとして、共に喜び、苦しみを味わってきた国内外の協力会社との絆、そして、世界をマーケットとして年々進化している最新の機械、これらを適切かつ最大限活かして生産を行います。

We properly make the most of our technical know-how accumulated through past successful and failure experience, strong relationship with subcontractors who have experienced a lot with us, and up-to-date machinery from the World in every production.

接着剤から、紙加工品、そして紙以外の加工品と、私たちの商品の幅は広がってきておりますが、モノ創りに対する姿勢は、どの商品に対しても共通です。そして、お客様の期待にこたえる為、今もこれからも、変化、進化に挑戦します。

Though our business field has been expanding into processed paper products and the others since the start as adhesive trader, our policy for good manufacturing has never changed. We are always challenging more innovation to meet our clients’ expectations.